ユキっちの徒然日記

2018年6月22日(金)

huluで「シャーク・プリズン」を鑑賞。油田発掘のための爆破に伴い、古い地層に存在する海底から古代の巨大サメが出現。同じころ、近くの刑務所から女囚たちが川辺で労働をしていた。そこに女囚の仲間が銃で武装して強引に全員を脱獄させて山荘に身を潜めた。自由を手に入れたのも束の間、古代のサメが陸地も物ともせずに襲い掛かってきた。サメの襲撃を避けて洞窟に逃げ込む一行だったが・・・陸地でも襲ってくるサメの映画は他にもあるし、それに比べるとちょっとB級映画っぽいねえ。星3つくらいでいいかな。

2018年6月21日(木)

huluで「サラ 守護者」を鑑賞。珍しいインドネシア映画。オープニングから格闘、銃撃戦、カーチェイスが続いてストーリーがイマイチ分からない。元麻薬組織の首領で大臣になった男の元妻の娘を負う組織があって、サラは必死に血の繋がらない娘マルシャを守って戦う。マルシャの実の母親が属する組織と、過去の悪行を隠すため元妻と娘を殺そうとする大臣の配下たち。そしてサラとの間で三つ巴の戦いが繰り広げられる・・・なんか最初はストーリーが分からなくて大丈夫かと思ったけど、まあ最後にはある程度形にはなってるかな。ハリウッドじゃ評価低いかもね。星3つです。

2018年6月20日(水)

huluで「シャークネード カテゴリー2」を鑑賞。前作でロサンゼルスの危機を救ったフィンは一躍有名になり、ニューヨークの講演に向かっていた。その機内で再びサメが乱舞するシャークネードに遭遇し、旅客機を緊急着陸させる。そして今度はニューヨークのマンハッタンに向けてシャークネードが2本も発生し、またもや街はサメの脅威にさらされる。フィンは妻と妹一家と共に、再び戦いを挑むことになる・・・陸上でもサメの脅威にさらされるなんて御免こうむりたいね。星3・5くらいかな?

2018年6月19日(火)

huluで「タキシード」を鑑賞。ジャッキー・チェンが監督主演を務めるハリウッド・アクション映画。しがないタクシー運転手のジミーがひょんなことからC・S・A(国家安全保障局)の捜査官バニングのお抱え運転手になる。そして謎の秘密組織に襲撃され、バニングは入院し。ジミーはハイテク機能満載のタキシードを着て、バニングに代わって任務を遂行しようと奮闘するが・・・ジャッキー・チェンが監督すると、ハリウッド映画でも香港映画みたいなノリになっちゃうんだね。まあ星3・5くらいかな?

2018年6月18日(月)

huluで「ラバランチュラ」を鑑賞。かつて人気のアクション俳優、コルトンはマイナー映画に出演することに苛立つ毎日。ある日、ロスアンゼルスの火山が噴火し巨大なタランチュラが火を噴きながら人を襲い始めた。コルトンは家族を探しながらタランチュラたちと闘うが、あまりにも数が多すぎた。無事家族と再会を果たしたコルトンは映画の制作スタジオに逃げ込み、効果のある窒素のボンベを使ってタランチュラを一掃する計画を立てる・・・映画スターが現実世界でも英雄さながらに大暴れする痛快な一作。星4つは惜しくない。

2018年6月17日(日)

アマゾン・プライムで「デッド・ライジング ウォッチタワー」を鑑賞。ゾンビ・アウトブレイクから数年。感染者もワクチンによりゾンビ化を回避していたが、ある日、感染者たちが次々とゾンビ化し第2次アウトブレイクが始まった。避難所で取材を行っていたカーターも押し寄せるゾンビの群れから辛うじて逃げた。軍が壁を設置して48時間後に空爆を行うと発表し、カーターとわずかな生存者たちは時間までに門にたどり着くため、決死のサバイバルを展開する・・・X-BOXの同名タイトルのゲームの映画化。2時間近くある大作だが、最後まで飽きさせない展開になっているゾンビ映画。星4つくらいでいいかも。

2018年6月16日(土)

huluで「ビッグ・バグス・パニック」を鑑賞。落ちこぼれ社員のクーパーは社長に首を言い渡されたが、その時耳を聾する音がすべてを包み込んでクーパーは気を失った。目が覚めると繭の中にくるまれており、巨大な虫が蠢く別世界になっていた。クーパーは社長の娘サラと他の繭から助け出した連中と共に、脱出を試みる。しかし、その道中サラが虫にさらわれて・・・というコメディタッチのパニック映画。こういう映画には付き物の軍隊が全く登場しないのも逆に新鮮だなあ。星3・5くらいかな?

2018年6月15日(金)

huluで「パニック・マーケット」を鑑賞。海岸近くのスーパー・マーケットで働くジョシュは、過去に自分の過失で親友をサメに殺されたトラウマに苦しんでいた。そこに武装強盗が現れ、居合わせた刑事と睨み合いに。そこへ巨大津波が町を襲いスーパーの中にも洪水が襲う。生き残った者たちは陳列棚の上に避難するが悲劇はこれにとどまらなかった。スーパーの水中の中に巨大なホオジロサメが泳いでいたのだ。こうして一人また一人と犠牲者が増えてゆく・・・サメの恐怖と闘いながら、知恵を使って脱出しようとする姿は、感動的ですらあるねえ。星4つ~!!

2018年6月14日(木)

アマゾン・プライムで「モンスター/地球外生命体」を鑑賞。メキシコに地球外生命体が落下し、アメリカ軍とメキシコ軍で危険地帯を封鎖し、制圧を図るがクリーチャーたちは手強くなかなか事態は収束しない。カメラマンのコールダーは新聞社社長の令嬢を連れ帰るために危険地帯に赴くが・・・ってストーリーなんだけど、ハッキリ言って退屈。たまにこういうハズレを観る羽目になることがあるんだよね。時間返せ。星1つで十分。

2018年6月13日(水)

アマゾン・プライムで「バイオ・ハザード:ダムネーション」を鑑賞。フル3DCGアニメーションによる同名ゲームの映画化。旧ソ連の紛争地帯に送り込まれたレオンは、反政府ゲリラに捕らわれる。しかし、生物兵器が投入され政府軍もゲリラも大打撃を受ける。陰で生物兵器を操るのは一体誰なのか?・・・おなじみのゲーム「バイオ・ハザード」の映画だけどゾンビはほんの少し登場するだけで、リッカーや謎の巨人兵が暴れまわるアクション巨編となってます。アメリカのCG技術は凄いね、本当に。星4つくらいでいいかも。

2018年6月12日(火)

huluで「マンイーター」を鑑賞。オーストラリアの奥地のフェリー・ツアーの乗客たちが、巨大な人食いワニの襲撃を受けるパニック映画。映画の冒頭30分くらいはのどかで雄大な自然を楽しむ乗客たちだったが、突如として船に強烈な一撃を食らい、一行は小さな島に漂着する。だが、そこは満潮になると沈んでしまう場所だった。生き残りをかけて人間と人食いワニの死闘が始まる・・・なんとなく往年の名作「ジョーズ」を連想してしまった。最後まで息つく暇のない展開で、星4ついっておこ~!

2018年6月11日(月)

アマゾン・プライムで「ウォーム・ボディー」を鑑賞。空港をうろついている青年ゾンビは人間だったころの記憶がかなり残っていた。ある日物資調達に来ていた部隊に遭遇した青年ゾンビは、その中の一人、ジュリーに一目惚れしてしまう。こっそりと彼女をかくまって名前を「R」と名付けられた青年ゾンビの体に変化が起き始める。心臓が徐々に動き出したのだ。やがて他のゾンビたちにも変化が起き始めるが、ゾンビの成れの果てである「ガイコツ」たちが心臓の鼓動を聞きつけ、その数を増してゆく。やがて高い塀に守られた人間の町にゾンビとガイコツの大群が押し寄せる。Rは仲間のゾンビたちを残し、愛しのジュリーを目指して人間の町に潜入するが・・・ゾンビが再び人間に戻ってゆくという新しいアイデアが生かされている佳作。星4つはいいんじゃないかな?

2018年6月10日(日)

huluで「シャークネード」を鑑賞。巨大なハリケーンが発生し、海にいる何十、何百というサメが舞い上がり、都市部にいる人間までも襲う事態に。海の店を経営していたフィンも、事前に危険を察知していち早く非難する。元妻や息子と娘を助けるためハリウッドに駆け込むが、そこにもすでにサメの魔の手が伸びていた・・・海で襲われるだけならともかく、陸地にいてもサメに襲われるというのは最悪な状況だね。パニック映画としては珠玉な出来。星3・5くらいかな?

2018年6月9日(土)

イエーイ! 今日はロックの日やで!! さて、それはそれとして、今日はアマゾン・プライムで「怪盗グルーとミニオン大脱走」を鑑賞。反悪党連合の秘密捜査官を首になったグルーとルーシーは3人の娘と共に、グルーの双子の兄弟ドルーに会いに行く。そして世界最大のダイヤを盗んだ悪党ブラットの企みを阻むため、グルーとドルーがタッグを組む・・・しかし、このシリーズってミニオンがうじゃうじゃいる意味が未だに分かりません(笑)。まあ親子で楽しめる娯楽作品はいいね。星4ついっておこ~!

2018年6月8日(金)

アマゾン・プライムで「エビデンス」を鑑賞。廃墟の給油所で大量の死体が発見され、現場で発見されたビデオカメラを刑事たちが解析を始めた所から物語は始まる。偶然、ベガス行きのバスに乗り合わせた男女が、突然車が横転して近くの廃給油所まで電話を探しに行く。徐々に1人また1人とガスバーナーを持った殺人鬼に襲われて命を奪われてゆく。解析が進んで行くと次第に意外な犯人像が浮かび上がってゆく・・・サイコ・サスペンスの傑作。意外な犯人に観ているものは度肝を抜かれること間違いなし。星4つで~す!

2018年6月7日(木)

huluで「ビーチ・シャーク」を鑑賞。小さな島サンドマンで町興しのためパーティーを開くことになった。しかし、何人かが水中ではなく砂場でサメに襲われる事件が続発。専門家の意見では砂の中でも自由に動ける進化した巨大サメがいるとのこと。一匹を倒して問題解決したと思ったらパーティーの最中、複数のサンド・シャークが現れて大騒動になる。保安官たちは事態の収拾に乗り出すが・・・陸の上でも襲ってくるサメって最悪じゃね? アイデアの勝利ですね。星3・5で~す!

2018年6月6日(水)

体調悪し。特に記すこと無し。

2018年6月5日(火)

アマゾン・プライムで「アウトブレイク・ライジング」を鑑賞。人工衛星が落下し、山間の町近くに墜落。直ちに軍が山を封鎖するが、人工衛星に付着していた未知のウィルスが拡散し、小さな町のあちこちで発狂したように人間が襲い掛かり肉を食べる事件が続発。副保安官が孤軍奮闘して感染者たちを始末してゆくが・・・という感じのゾンビ映画。っていうか感染者といったほうがいいのかな? 頭以外の場所を撃たれても死ぬし、放っといたら視床下部と脳が膨れ上がり破裂して死んでしまうしね。ゾンビ映画としてみても出来はイマイチ。星2つくらいかな~。

2018年6月4日(月)

アマゾン・プライムで「怪盗グルーのミニオン危機一髪」を鑑賞。アメリカのアニメは今やすべて3DCGになってるけど、そのため完成度の高さは世界一かもね。今作は超人化・凶暴化させる薬を使ってミニオンたちがうじゃうじゃ凶暴化されて、世界征服の道具に使われそうになる。グルーは世界的捜査機関のルーシーと力を合わせて黒幕の正体を探るが…てなお話。マーゴ、イリス、アグネスの3人は相変わらず可愛いね。星3・5くらいかな?

2018年6月3日(日)

アマゾン・プライムで「キック・アス フォー・エバー」を鑑賞。前作で父親を殺された息子が、悪のマスク集団を結成し、キック・アスを始めとする正義のマスクマンたちを襲撃し始めた。キック・アスことデイブはヒット・ガールであるミンディを仲間に誘うが、彼女は引き取ってくれたマーカスに遠慮して断る。やがて戦いはエスカレートし、遂にデイブの父親が殺害される。その葬式の時にマザー・ファッカーたちが襲撃をかけてきてミンディは再びヒット・ガールとして戦う決意をする・・・しかし現実は確かにヒーローの生きにくい世の中だよね。下手したら偽善者扱いされて世の中からハブられる可能性もあるよね。星4つで~す!

2018年6月2日(土)

アマゾン・プライムで「キック・アス」を鑑賞。まあ随分前の映画だけど、暇だから観てた。スーパーヒーローに憧れて、スェットスーツとマスクを被って犯罪者に立ち向かうひ弱な高校生が、キック・アスと名乗って街を巡回する。そこで何の因果か本物の犯罪組織に狙われることになるが、本物志向のヒーローとヒロインが現れて洒落にならないくらいヤバい状況に陥る・・・まだ10歳くらいの女の子がヒット・ガールと名乗って悪党たちをバタバタ倒す姿は圧巻。星4つはいっとこう!!

2018年6月1日(金)

今日は映画は観てないけど、以前書いた海外ドラマの「グリム」鑑賞。人間界に潜んでいる亜人、ヴェッセンとそれを狩るグリムという能力者たちとの戦いを描くドラマなんだけど、ストーリーが進むにつれてヴェッセンの中の派閥争いが起こって、主人公を中心にした相関図が複雑になってゆく。味方が敵になったり敵が味方になったり少々ややこしい展開になっている。でも面白いよ。星4つは軽くいくね。

2018年5月31日(木)

huluで「クローバー・フィールド」を鑑賞。サプライズ・パーティーで盛り上がっていると突然激しい揺れが。慌てて表に出ると巨大な自由の女神の頭部が道路に降ってきた。カメラを向けると謎の巨大な生物が蠢くのが見えた。軍が現れて怪物に攻撃を開始。4人の男女が混乱の中決死の脱出を図る・・・いわゆるPOV方式の映画で、登場人物の持つカメラを通してストーリーが展開するので、怪物の姿はラストまでハッキリとはわからない。この手の映画は出来不出来が激しいよね。星3・5くらいかな?

2018年5月30日(水)

アマゾン・プライムで「ズーンビ」を鑑賞。絶滅危惧種を集めたエデン野性動物園の診療所でオマキザルが何らかのウィルスに感染し、凶暴化する事件が勃発。診療所から逃げ出したサルたちが次々に他の動物にウィルスをばらまき始めた。動物園の職員たちは事態を鎮静化しようとするが、凶暴化した動物の群れの前ではなす術もなく次々と犠牲者が増えてゆく・・・という動物版ゾンビ映画。ただでさえライオンやゴリラなど危険な動物が、ゾンビ化して襲ってくるというのだから堪らない。でも不思議と人間には感染しないんだな、これが。まあ星3つくらいかな?

2018年5月29日(火)

アマゾン・プライムで今更だけど「怪盗グルーの月泥棒」を鑑賞。アメリカのアニメってもう100%、3DCGで作られる時代になったんだねえ。「トムとジェリー」なんか好きだった私にとっては複雑な気分。ともあれ今作は適度に笑えて適度に感動できる王道作品ですね。うじゃうじゃいるミニオンの存在意義がイマイチ分からないけど、私は一番小さいアグネスが可愛くて仕方なかった。こういうのを萌えっていうのかな?

星4つで~す!!

2018年5月28日(月)

アマゾン・プライムで「ゾンビーワールドにようこそ」を鑑賞。タイトルからも分かるようにコメディタッチになっております。ある研究所で未知のウィルスがアウトブレイクし、街はあっという間にゾンビだらけに。高校生のボーイスカウト3人組とストリップバーのウェイトレスが、力を合わせゾンビの襲撃をかわし、ホームセンターで調達した武器を手に反撃に出る。こういう映画は笑ったもの勝ちだね。シリアスなゾンビ映画が好きな人には受けは悪そうだけど、星4つはあげてもいい珠玉な一作。

2018年5月27日(日)

体調悪し。特筆すること無し。

2018年5月26日(土)

アマゾン・プライムで海外ドラマ「グリム」のシーズン5を4話まで一気見。人類に混ざって存在する獣のような存在、ヴェッセンとそれを狩ることが出来る稀有な存在グリムとの戦いを描くシリーズ。ヴェッセンにも色んな種族がいて色んな姿や特性を持った種がいるが、そのいずれもがグリムだけは恐れる存在。偶然自分がグリムだと知った刑事のニックは捜査の合間にヴェッセン狩りを続けているが、今回はヴェッセンたちの間の大戦争に巻き込まれるというストーリーになっている。これは面白いよ。星4つは軽くいけるね。

2018年5月25日(金)

アマゾン・プライムで「ミッドナイト・ミート・トレイン」を鑑賞。鬼才クライブ・バーカーの小説が原作の血みどろスプラッター映画。深夜の地下鉄で人が失踪する事件が頻発していた。カメラマンのレオンは食肉解体業で働く男が怪しいと睨み、密かに解体場に侵入する。そしてその地下に今は使われていない廃駅が存在することを知る。意を決し武装して地下鉄に乗り込むレオンはこの世の物とは思えぬ地獄を見ることになる・・・原作小説はかなり昔に読んだので記憶が曖昧ですが、かなり原作に忠実な血みどろな展開でシュール。星4つくらいかな? 残酷描写が苦手な人は観ない方がいいと思います。

2018年5月24日(木)

NETFLIXで「ピラニア・リターンズ」を鑑賞。前作で地底湖から現れた古代のピラニアが大暴れした湖と周辺の町はすっかり寂れたが、別の町の湖に地底湖を通ってピラニア軍団が再び大暴れする。パニック映画としては前作の方が出来は上だが、今作は3Dでコメディタッチなのが大きな違い。でも3DったってTV画面じゃ意味ないし、今作は犠牲者の数も少ないし、ちょっと悪ノリしてる場面が多すぎるかもね。星3つくらいでいいかな。

2018年5月23日(水)

NETFLIXで「アクア・クリーチャーズ」を鑑賞。ある日川や湖に生息する肉食魚、ウミヤツメが大繁殖し、飢餓状態になって人間を襲い始めるパニック映画。ウミヤツメとはウナギみたいな外見でピラニヤのような鋭い牙を持った肉食魚。こいつが水辺にる人間にまで襲い掛かるようになり、配水管を通って蛇口やトイレからもウニョウニョ出現する。もはや陸上でも安全な場所がなくなり主人公の魚類生物局のマイケルは、ウミヤツメの好物である肝臓を貯水池に投げ込みすぐ上の発電所から放電して感電死させる計画を立てるが・・・って感じの映画。これも昔の動物パニック映画を思い出して懐かしかった。星4つでもいいかな?

2018年5月22日(火)

NETFLIXで「デヴィルズ・メタル」鑑賞。冴えないメタル少年のブロディはある日知り合ったザックとオタクの二人組とバンドを組んだ。そして伝説のメタル・ミュージシャンの家に侵入し、不思議な楽譜を見つける。それは悪魔をこの世に召喚する「黒い讃美歌」だった。この曲を演奏したことにより、街の人間は次々に悪魔に憑依され人間を襲い始めた。占い師からこの曲を逆から演奏すれば魔王の復活を止めることができると聴き、楽譜を奪った悪魔崇拝主義者たちを探すブロディたちだったが・・・。お分かりの通りこの映画はデス・メタルやへヴィ・メタルを主題にした映画。スプラッターな場面もありますが、そんなに怖くはありません(笑)。星3つぐらいかな?

2018年5月21日(日)

NETFLIXで「ゾンビ自衛隊」を鑑賞。あまりのくだらなさで逆に面白くなる怪作。CGは恐ろしいほど完成度が低いし、富士の樹海にヤクザやアイドルの撮影隊やら、自殺体を捜索する自衛隊がやってくるんだけど、そこにチャチなUFOが墜落して死者が蘇り始めるゾンビ化現象が発生。多くの自殺者がいる樹海の中だからあっという間にゾンビの群れが溢れる。次々と襲われて食われていく人間の中、女自衛官ユリは政府が極秘に造ったサイバー自衛官だと判明し、超人的な動きでゾンビを倒してゆく・・・って、書いててバカバカしくなるチープな内容。こりゃある意味カルトだね。星1つで十分でしょう。

2018年5月20日(日)

NETFLIXで「スタング~巨大人食い殺人蜂の襲来」を鑑賞。ある屋敷でパーティーが開かれるが、そこに小鳥ほどもある蜂が突然人を襲い始める。刺された人間は卵を植え付けられ、内臓を食い尽くして人間大の巨大な姿に変貌する。あっという間にパーティーに集まった人々は犠牲となり、生き残ったのは4人だけ。命がけのサバイバルが始まる・・・ってストーリー。何か70年代に量産されたパニック映画を見ているようで懐かしかった。星4つで~す!!

2018年5月19日(土)

NETFLIXで「アナイアレイション~全滅領域」を鑑賞。ナタリー・ポートマン主演だったので観たけどかなりなハードSFですねえ。隕石がある街の灯台に落下し、不思議な磁場を持った空間が広がり始めた。ドローンや調査団が何回も派遣されたが生還者はゼロ。ヒロインのレナの夫、ケインだけが1年も経っていきなり戻ってきた。ケインは記憶を失っており、突然容体が悪化して軍の研究施設に担ぎ込まれる。レナは真相を探るため調査団に参加して「境界」の中を捜索する・・・。かなり難解なストーリーでオチもイマイチ分かりにくい。星3つくらいでご勘弁を。

2018年5月18日(金)

今日はやっと届いたポジティブ・パンクのエイリアン・セックス・フィーンドのアルバム集を聞いて1日を過ごした。何かポジティブ・パンクってちょっとテクノっぽいイメージが湧くなあ。4枚もあるから聴き応えだけは十分あった。次は80年代ハードコア・パンクを集めようかなあ?

2018年5月17日(木)

今日は1日死んでた。

2018年5月16日(水)

NETFLIXで「悪霊のはらわた」を鑑賞。タイトルから分かる通りサム・ライミ監督作の「死霊のはらわた」の模倣作品。山の中の山荘に6人の男女がキャンプにやってきて、仲間が次々と悪霊に憑りつかれて凶暴なゾンビになって・・・て話なんだけど、テンポ悪いし登場人物たちは頭悪いしで、観るべきところは全然ないなあ。星2つくらいかな、サービスで。

2018年5月15日(火)

午前中、少し仕事する。huluで「BONES~骨は語る」という海外ドラマを鑑賞。法医人類学者のブレナン博士とFBIのブース捜査官がタッグを組んで殺人事件の謎を解くリアリティ溢れる、それでいてコミカルな面もあるドラマ。原作者が実際の法医人類学者が書いた小説なので、専門用語のオンパレード。最初は取っつきにくいかもしれないけど、いつの間にかドラマの世界にどっぷりハマってしまう。先ごろファイナル・シーズンが放映されて終了したんだけど、DVDセット買おうかな~? コンパクト版だと4000円くらいだしね。

 

2018年5月14日(月)

NETFLIXで「デヴィル・トレイン」を鑑賞。最終電車に偶然居合わせた数十人の乗客と車掌。走行中、突然急ブレーキが掛かり、電車はストップしてしまう。運転士が外に出て様子を見るが謎の生物に襲われて命を落とす。やがて謎の生物たちが電車の周りを徘徊し、乗客たちは暗闇の中一人また一人と命を落としてゆく。パニック・ホラー映画って感じかな? ちなみにこれはイギリス映画なんだけど、さすがにヨーロッパは人狼伝説があるだけあって、今更ながら狼人間が登場する映画が作られるんだねー。でもこれは今風で面白かった。星4つあげてもいいかも?

2018年5月13日(日)

NETFLIXで「インサニティ」を鑑賞。麻薬であるコカインに、人為的に組み込まれた凶暴化させるウイルスを混ぜたドラッグが、意図的にばら撒かれた。ある島にキャンプに来た若者たちもこのドラッグで次々に凶暴化。一人だけドラッグをやらなかった女性が決死のサバイバルに挑むことになるが、この島だけでなくドラッグを吸った人々が全米各地で暴れまわり、戒厳令が敷かれる。やがて明るみになるドラッグの製作者の意図とは・・・? といった一種のゾンビもの映画ですね。でもドラッグが抜けると精神がまともに戻るし、死んでもないから厳密にはゾンビじゃないね。星3つかな~?

2018年5月12日(土)

今日は民放で「世にも奇妙な物語~‘18春の特別編」を観た。アイディアも良く、鑑賞に堪えうるレベルだけど、昔のレギュラー放送の頃の方が、悪夢を観るほどのトラウマクラスの怖いエピソードがあって凄みがあった。やっぱり昔のTVドラマのほうが良作が多かった気がするなあ。ま、そんな偉そうに言える立場でもないけどさ。

2018年5月11日(金)

NETFLIXで「ゾンビ・サファリパーク」を鑑賞。ゾンビ大戦から7年。20億人が犠牲になった悲劇から人類は立ち直りつつあった。そして残ったゾンビを無人島に隔離し、それを狩る「リゾート」がゾンビ大戦で心に傷を負った人のセラピーとして人気を博していた。しかし、ある日のこと島をコントロールするセキュリティ・システムがダウンし、安全のためのフェンスが開いてしまった。観光客は突如として決死のサバイバルに放り込まれた・・・てのが粗筋だけど、死んでから時間のたったゾンビの動きは遅く、成り立ては動きが俊敏。なかなか面白い映画でした。星4つはつけられるかな?

2018年5月10日(木)

NETFLIXで「ヘルレイザー3」を鑑賞。前作で倒された魔導士たちが再び蘇り、今度は街一つを巻き込んだ地獄絵図が展開される。前作とは直接関係ないけど、キューブ状の鍵が今回も登場して地獄の扉が開き、ヒロインが魔導士を地獄に戻すため奔走する。例によってホラーでスプラッターな内容だけど今回はスケールアップ。何十人単位で人が殺されてゆく。今観ても十分に鑑賞に堪える作りとなってます。ホラーが苦手な人は遠慮してね(笑)。

2018年5月9日(水)

NETFLIXで「ヘルレイザー」「ヘルレイザー2」を鑑賞。キューブ状の鍵を組み替えることで地獄の扉が開いて、究極の痛みと恐怖を与える魔導士たちが現れるというホラー・スプラッター映画。やたら血や内臓がドバドバ飛び出すし、やたら痛そうな描写ばかりなので、初心者にはお勧めしません(笑)。このシリーズは昔のホラー・ブームの頃の作品なので、なんとなく雰囲気は古めかしいのですが、それに目をつむれば結構面白い作品です。

2018年5月8日(火)

NETFLIXで「サイレントヒル~リベレーション」を鑑賞。「サイレントヒル」の続編らしいんだけど、前作を観たのがかなり昔なのでほぼ初見。異次元と現世を彷徨する女子高生が、父親を助けるため自ら異次元の闇世界に赴く。そこで色んなクリーチャーに襲われるホラー・ファンタジー映画。結構面白かったのでお勧めですよ。

2018年5月7日(月)

NETFLIXで「ウォーキング・ゾンビランド」を観た。タイトルから分かる通り大人気TVドラマ「ウォーキング・デッド」のパロディ映画なのだが、他にも色んなゾンビ映画のパロディが仕込まれてる怪作。真面目なゾンビ映画愛好家なら激怒するかもしれないが、最初からこれはコメディだと割り切って観れば結構笑えるんだな、これが。面白いこと大好き人間なら観ても損は無し。観てみてね。

2018年5月4~6日

特に記すこと無し。

2018年5月3日(木)

調子悪くて抗うつ薬と安定剤飲んで1日寝てた。

2018年5月2日(水)

「ゲゲゲの鬼太郎」は面白い。1話完結なのでテンポもよくていい感じに観られる。仮眠後にイズミヤにお買い物。午後は「BONES」を鑑賞。骨からあらゆる情報を読み取り、犯罪捜査に貢献する法医人類学者が主役のドラマなんだけど、原作者が本物の法医人類学者なので専門用語のオンパレードで難しいが、多彩なキャラクター揃いで面白い傑作ドラマ。huluで絶賛配信中!!

2018年5月1日(火)

NETFLIXで「死霊のえじき・ブラッド・ライン」鑑賞。いわゆるゾンビ映画だけど、まあまだ鑑賞に堪えられるレベルかな。大抵のゾンビ映画はつまらないけど、この映画は新しいアイディアが使われていて、希望の残るエンディングと共に好感度の持てる作品だった。それにしてもまだ5月になったばかりなのに、最高気温27度って暑すぎる。まだエアコンには早いけど、扇風機フル稼働だよ。夜はまた「地獄少女」で酒盛り。ワンパターンって? 「地獄少女」は3期まであって1度見始めると止まらないし長くなるんよね。まあいいJAN。

2018年4月29,30日(日)(月)

特に記すこと無し。

2018年4月28日(土)

NETFLIXで「パージ」「パージ・アナーキー」を鑑賞。一年に一日だけ夜7時から朝7時まで殺人を含むあらゆる犯罪が合法化される「パージ」の日が制定された近未来。人間が心に抱えた暴力性をむき出しにした一夜を描く佳作。これで犯罪や貧困層を一掃するという過激な法律だが、反抗勢力をも立ち上がったりしてなかなか見ごたえのある作品。いかにもアメリカ的な作品だが面白かった。

2018年4月27日(金)

特に記すこと無し。

 

2018年4月26日(木)

特に記すこと無し。

2018年4月25日(水)

今日は朝から不調で仕事は少しだけ。鬱な状態で洗濯をする。イズミヤにお買い物。今日は少し気温が低くて寒かった。カップ麺とパンでお昼を済ませ「ゲゲゲの鬼太郎」「スーパー・ナチュラル」鑑賞してから仮眠。今日は涼しいのでトレーニングで汗はそんなにかかなかった。夜は特に書くこと無し。いつもの通り焼酎飲んで寝るよー!

2018年4月24日(火)

今日はアラームで起床。最近、暑かったり涼しかったりで体調面も精神面も落ち込みがち。私のスマホはおサイフケータイなんだけど、残額見てると次の振り込み日まで金が持つか微妙な感じ。底辺を這いずり回ってるなあ。「ゲゲゲの鬼太郎」「スーパー・ナチュラル」などを観て仮眠。抗うつ薬と安定剤で無理やり不安を押さえつける。早く死にたいけど自殺するのも面倒くさい。夜に飲む酒だけが楽しみだ。本当は向精神薬飲んでる人は酒飲んだらダメなんだけどね。知ったことかーい!

2018年4月23日(月)

特に記すこと無し。

2018年4月22日(日)

今日は所用で梅田に出かけた。人の多さにまたやられた。お目当ての物も手に入らず意気消沈して帰宅。huluで「ウォーキング・デッド」シーズン8最終話を再見。敵との戦いにも勝利してひと段落ついたが、最後にマギーとダリルがリックに造反するようなことを言ってたのが気になった。まさかここにきて仲間割れするのかなあ? シーズン9が今年の秋から始まるのでそれを楽しみにしよう。そういえばスピンオフの「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」シーズン4に本家からモーガンが出張してくるらしい。こちらもどうゆう展開になるか楽しみだ。夜はまた「地獄少女」で酒盛りだーい。

2018年4月21日(土)

特に記すこと無し。

2018年4月20日(金)

特に記すこと無し。

2018年4月19日(木)

今日は8時に起床。朝食後に少し仕事。さっぱり捗らない。仮眠後にイズミヤにお買い物。おサイフケータイにしてるんだけど、残金がちょっとヤバいかもしれない。でもチャージする金が口座に無い。しょっぱいなー。さすがに最近暖かくなってきたけど、服の調節が難しい。ウチのマンションは隣に同じ高さのビルがあるので、午前中は日が差さなくて部屋が涼しいのね。だけど買い物に行く時間帯は気温の上がる昼時だから、服選びは本当に大変なんよ。ま、そんな暑くなってゆく部屋でトレーニングとかして汗をかいてるんだけどね。夜は「地獄少女」観ながら酒盛り。今日も1日ご苦労様。

2018年4月18日(水)

アラームなる10分前に起床。今日は寝起きから漠とした不安に襲われる。仕事も出来ずにネット配信の「ゲゲゲの鬼太郎」を鑑賞。昼はイズミヤにお買い物。「スーパー・ナチュラル」鑑賞。そろそろ私も新作を書かなければと決意を新たにする。設定をあれこれ考えているうちに、うたた寝。シャワーを浴びてすっきりしてから夕食。抗うつ薬と安定剤で脳を安定させてから設定を考えるが煮詰まる。諦めて酒を飲みながら「地獄少女」のDVD鑑賞。焦らずボチボチやってゆこう。

2018年4月17日(火)

8時起床。朝食後、軽く仕事。調子悪い。軽く2度寝した後にお買い物に行く。コーヒーと牛乳を間違えて買ってしまった。明日は朝からミルクで食事だ。「スーパー・ナチュラル」を観た後、軽く仮眠。起きてからトレーニングで汗をかく。そろそろ運動すると汗が流れる季節になったね。夜はBSで「ポチたま」を観る。動物番組は観てて癒されるなあ。夜はお酒と「地獄少女」。今日も夜は更けてゆく・・・。

2018年4月16日(月)

7時半起床。いつものカロリーメイトとコーヒーの朝食後、軽く仕事。眠気に襲われ2度寝する。イズミヤに買い物しに行く。平日は空いてて気持ちが楽だ。人が多い土日はあまりの人の多さに人酔いするからね。帰宅後アマゾン・プライムで「ゲゲゲの鬼太郎」(5期)を観る。やっぱり私って妖怪好きなんだなあ。サンマの缶詰と豆腐の夕食を済ませて抗うつ薬と安定剤を飲む。寝る前には「地獄少女」を観ながら酒を飲む。本当は精神系の薬飲んでる人は酒は飲まないほうがいいんだけど、私の人生だ。好きに生きてゆく。

2018年4月15日(日)

間を空けてしまったのは体調が優れなかったから。今も本調子じゃない。朝起きてから少し仕事。昼食の後抗うつ薬と安定剤を飲んでしばらく昼寝。吾妻ひでおの「うつうつ日記」を読んでダラダラ過ごす。この人は私みたいな「脳患い」の先輩なので密かにリスペクトしている。夜はまた「地獄少女」のDVDを鑑賞。酒を飲みながら今日も非生産的な1日を終える。グッナ~イト。

2018年4月12日(木)

朝、調子悪くて仕事ちょっとだけやる。「スーパー・ナチュラル」鑑賞。天使と悪魔の区別がつかん。邪悪な天使が多すぎ。昼、イズミヤまでお買い物。最近、服何を着たらいいか迷う。春になるなら早くなってくれ。昼寝してからトレーニング。最近ようやく目に見えて効果が出てきた。少し嬉しい。夜は「地獄少女」のDVDを観ながら酒を飲む。このアニメはテーマが深くて重い。子供向けじゃないのは確か。地獄通信って本当にあったら使うか悩むだろうな。自分まで地獄に落ちたくないもんね。

2018年4月11日(水)

午前中に少し仕事。「あずまんが大王」をようやく観終えた。今日も不安が襲ってきて安定剤を飲む。「ウォーキング・デッド」の14話を再見。あと残り2話なのに、なんか訳のわからん展開になってる。シーズン8で「救世主」との戦争はケリがつくのか? 何か不安だ。なんかゾンビものっていうより、普通の戦争映画みたいになってきてるような気がする。今日も寝る前に酒。アル中じゃないから大丈夫だよね? おやすみなさい。

2018年4月10日(火)

だるくて仕事が出来ず、「あずまんが大王」をダラダラ観る。昼食後、アマゾンで買った西尾維新原作コミック「青春奇人伝!240学園」を読む。西尾作品のキャラ勢揃いのギャグ漫画なのだが、西尾ファン以外の人間はこれ読んで面白いのか? 新作小説の設定を考えるが、煮詰まって全然進展しない。いつか書ける日が来るんだろうか? 今日も酒を飲みながら「氷菓」を観る。変わり映えしない日々だなー。

2018年4月9日(月)

午前中、少し仕事して「スーパー・ナチュラル」「あずまんが大王」を観る。昼食後、不安が出て抗うつ薬と安定剤飲む。近くのイズミヤにお買い物。なんか寒かったので冬服に逆戻りしてしまった。夜は「しゃべくり007」を観る。ゲストの上戸彩が友達を聞かれて真っ先にベッキーの名を出したことに胸を打たれた。ネットでは不仲説とか流れてるけど、本人の弁だからこれ以上の説得力はない。こういうところが好感度高いのも頷けるんだよね、上戸彩って。夜は酒飲みながらNetflixで「氷菓」を観る。学園ミステリーなんだけど、京都アニメーションだからクオリティの高さは保証できる。観てみてね。

2018年4月8日(日)

午前中はhuluで「スーパー・ナチュラル」を観る。このシリーズって様々な怪物や悪霊を色んな方法で退治するのが面白いんだけど、天使たちが極悪過ぎて笑える。派閥争いから殺し合いや拷問もしたりするし、人間は単なる器としか思っていない。クリスチャン国家のアメリカでよく人気でたよね、これ。午後はアマゾンに注文してた「あずまんが大王」のDVD-BOXセットが届いたので鑑賞。こういうほのぼの日常系アニメって好きだなー。「けいおん!」もそうだしね。

2018年4月7日(土)

今日はブルーレイディスクドライブのケーブルを買いに日本橋にお出かけ。平日の昼間なのにさすがは大阪の秋葉原。人が多すぎて人酔いしてしまった。家に帰ってから疲労で仮眠を取る。ノートパソコンでブルーレイが再生出来るようになって大満足。しかし、今月は早くもお金に困りそうな予感。鬱になってきたので早めに寝る。